SXO最適化の為に必要なこと

SXO最適化の為に必要なこと

前回SXOについての記事を書きましたが具体的なことには触れていませんでした。

今回はSXOの最適を行う為に必要な設定を書いていこうと思います。

前回の記事

タイトルの設定

タイトルの付け方とコンテンツの中身をしっかりとリンクさせる必要があります。

例えばディズニーランドの行き方を記載したページに対して、「ディズニーランドの楽しみ方」を記載したタイトルでは意味がありません。

ディスクリプションの設定

ディスクリプションはページの要約になります。

1.ディスクリプションは60-120文字で記述する
2.コンテンツと重複しないテキストで要約を記述する
3.2つ程度コンテンツのキーワードを含める
4.ディスクリプションはコンテンツ毎に重複しないようにする
5.重要なキーワード、説明文は前半に含める

検索者が記載したページを読みたいと思うようなディスクリプションを設定する必要があります。

また記事の詳細を記載したディスクリプションを設定してしまうと、ユーザーはページにランディングせずとも情報を得てしまう為意味がないこともあります。

カスタマージャーニーの設計

自分のコンテンツをどのようなタイミングでユーザーが触れ、体験するかを示したマップをカスタマージャーニーといいます。

カスタマージャーニーを設計することで自社の顧客を知ることができ、コンテンツの作りを最適化することができます。

上記は車を買おうとした顧客のカスタマージャーニーになります。

検索はあくまで購買体験の中の「1」でしかありません。

オフラインも含めて検索体験を最適化していく必要があります。

まとめ

SXOの最適化はカスタマージャーニーに沿っていく必要があります。

基本的なテクニックはタイトルとディスクリプションの設定で実現できますが、本質的な改善にはならないので注意が必要です。