広報担当者必見!これからの映像活用

広報担当者必見!これからの映像活用

プラットフォームの進化が激化している中、企業にとって映像の活用はこれから必須の時代となってきます。

今回は映像のもたらす効果を紹介していきます。

映像の持つ力について

映像(視覚表現)の持っている力とはなんでしょう?

映像には「1分間の映像には約180万文字分の情報量がある」や「1分間の映像には約3600ページ分の情報量がある」と言われております。

映像には文字では捉えきれない様々な情報を含有させて表現することができます。

例えば「汗のかいている様子」と文字で表現しても様々な捉え方が読み手の方でされてしまいます。

運動をしてかいている爽やかな汗なのか後ろめたいことがバレて冷や汗を書いているのかはたまたそれ以外かは読み手によって解釈をされます。

映像ではシチュエーションを含めて視覚的に判断をすることができます。

そのほかにも物の質感や肌感。サイズ感など文字に起こすと大量になるものを少ない時間で伝えることができます。

映像の活用事例

無印良品

無印良品を使った様々な場面でのリラックス方法が、きれいな映像とともに紹介されています。リラックスするなら無印良品、というイメージづけになります。

物の質感を伝えることができ、ユーザーが使った際の使用感をリアルに伝えることができています。

RMK(化粧品)

3色のアイシャドウの使い方を、作りたい目元の印象ごとに紹介しています。片側だけメイクすることで、ビフォー・アフターも見せています。

他にも「MAKE UP LESSON HOW TO」としてプロによるメイクや、季節に合ったメイク動画を公開しています。

ハウツー系の動画は購買後のイメージを持つことができるので非常に効果的です。

まとめ

映像を活用することで潜在ユーザーに大きな印象を与えることができます。

情報量の多さや、情報伝達の正確さはどのチャネルよりも絶大です。