SDGsってなに?

SDGsってなに?

SDGsとは

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

SDGsとは17の大目標とそれを細分化した169のターゲットに分けて構成されています。

SDGsの17の目標

SDGsの17の目標について少しずつ触れていきたいと思います。

このあたりだと貧困や教育、健康と発展途上国に対しての支援を書いているかのように思えます。

この辺りには経済のことやエネルギーのことが書いてあります。

住み続けられるまちづくりなんかは私たちの生活に密接に関係しているように感じます。

ここからは環境のことや平和のことを書いてあり、さらに壮大になってきています。

SDGsが訴えたいことは発展途上国に対しての支援のみではなく発展国の経済成長のさせ方についても触れています。

SDGsの169のターゲット

それでは169のターゲットを見てみましょう。

サンプルとして「8.働きがいも経済成長も」を見てみようと思います(以下の表)。これ以外に17目標それぞれに同じようなターゲットが存在し、合計で169個あるので169のターゲットと言われています。

8.1各国の状況に応じて、一人当たり経済成長率を持続させる。特に後発開発途上国は少なくとも年率7%の成長率を保つ。
8.2高付加価値セクターや労働集約型セクターに重点を置くことなどにより、多様化、技術向上およびイノベーションを通じた高いレベルの経済生産性を達成する。
8.3生産活動や適切な雇用創出、起業、創造性、およびイノベーションを支援する開発重視型の政策を促進するとともに、金融サービスへのアクセス改善などを通じて中小零細企業の設立や成長を奨励する。
8.42030年までに、世界の消費と生産における資源効率を漸進的に改善させ、先進国主導の下、持続可能な消費と生産に関する10カ年計画枠組みに従い、経済成長と環境悪化の分断を図る。
8.52030年までに、若者や障害者を含むすべての男性および女性の、完全かつ生産的な雇用およびディーセント・ワーク、ならびに同一労働同一賃金を達成する。
8.62020年までに、就労、就学、職業訓練のいずれも行っていない若者の割合を大幅に減らす。
8.7強制労働を根絶し、現代の奴隷制、人身売買を終わらせるための迅速で効果的措置の実施、最も劣悪な形態の児童就労の禁止・撲滅を保障する。2025年までに少年兵の徴募や利用を含むあらゆる形態の児童就労を撲滅する。
8.8移住労働者、特に女性の移住労働者や不安定な雇用状態にある労働者など、すべての労働者の権利を保護し、安全・安心な労働環境を促進する。
8.92030年までに、雇用創出、地元の文化・産品の販促につながる持続可能な観光業を促進するための政策を立案し実施する。
8.10国内の金融機関の能力を強化し、すべての人々の銀行取引、保険、および金融サービスへのアクセス拡大を促進する。
8.a後発開発途上国のための拡大統合フレームワークなどを通じて、開発途上国、特に後発開発途上国に対する貿易のための援助を拡大する。
8.b2020年までに、若年雇用のための世界的戦略および国際労働機関(ILO)の仕事に関する世界協定の実施を展開・運用化する。

具体的な数値目標もあり、目標に対してまっすぐ進んで行けそうな雰囲気があります。

例えば8.1を見てみると

各国の状況に応じて、一人当たり経済成長率を持続させる。特に後発開発途上国は少なくとも年率7%の成長率を保つ。

と記載されています。経済成長を無くして環境や福祉の成長は実現できないと感じますね。

世界のビジネスセクターにおけるSDGs

2006年、国連が金融業界に対して提唱したものでPRIというものがあります。

PRIとは日本語では責任投資原則と言います(Principles for Responsible Investmentの略です)これは、世界の解決すべき課題を環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の3つの分野に整理し頭文字をとってESGといい、ESGに配慮した責任ある投資を行うことを宣言したものです。またその投資のことをESG投資といいます。

投資家からのESG投資への関心が高まりも踏まえ、1500以上の企業や組織がPRIに署名し、運用対象の資産合計が60兆ドルに達しています。つまり、60兆ドルがESGに配慮した企業に投資していこう、というものです。

これは投資家が、短期的な収益だけではなく、中長期的企業価値、つまりSDGsの達成に貢献している企業がESG投資の対象になるという考え方が浸透しつつあるということです。

まとめ

私自身も前職でSDGsの研修を受けました。

SDGsの取り組み自体複雑でわかりにくいかもしれませんが、身近なことを少しづつ行うことで取り組んでいけます。

全ての行動がSDGsに関連しています。例えば自己の発展の為にパートナー企業に無理な発注をしてしまうと、パートナー企業に関わる全ての取引先や家族が犠牲になっていきます。経済の効果を高める為に関わる全ての人が幸せになるような取り組みを行なっていく必要があると考えています。

私たち一人一人の行動を考え直すきっかけになると思います。