モバイル広告費が1兆円を超えた

モバイル広告費が1兆円を超えた

モバイル広告費の総額

D2C、サイバー・コミュニケーションズ、電通の電通グループ 3 社は、2019年2月に発表した「2018年 日本の広告費」の調査結果を発表しました。その発表では「インターネット広告媒体費」の内訳を、広告種別、取引手法別、デバイス別などで公表しています。

今後の予想

2018年の日本の総広告費は6兆5300億円。そのうちインターネット広告費は1兆7589億円で、全体の26.9%にまで成長しました。

2019年インターネット広告媒体費は、好調なモバイル広告の成長により、全体で前年比115.9%の1兆6,781億円へ増加する見通しです。内訳としてはモバイル広告が1兆2,493億円(前年比122.7%)、デスクトップ広告は4,288億円(同99.8%)とモバイル広告に広告費の割合が傾きそうです。

また、広告種別では、検索連動型広告(39.4%)とディスプレイ広告(38.9%)の2種で全体の約8割を占めています。3番手にはビデオ(動画)広告(14.0%)が続いています。このビデオ(動画)広告が2019年の目玉となりそうです。

動画広告を始めることで消費者に潜在層にすりこむことができると考えられております。

映像コンテンツが加速

2018年の動画広告費は2027億円。2019年に役130%増の2650億円に到達する見込みと考えられております。

動画メディアの成長が広告費の後押しをしており、プラットフォームの拡大や広告面の増加に応じて動画広告費が増えていくと考えられております。

また昨年はTikTok等新たな動画サービスが開始されたこともあり、メディアへの広告費のみでなく、インフルエンサーを活用した広告も増えていくと考えられます。

時代の流れに応じた広告配信を行い消費者の心を掴んでいく必要があります。

参考:「2018年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」
http://www.dentsu.co.jp/news/release/pdf-cms/2019026-0314.pdf