LPとキーワード関係性について

LPとキーワード関係性について

LPとは

リスティング広告を含むリンクをクリックした際に遷移するページの総称をLP(ランディングページ)といいます。

LPを作ることで製品やサービスのことをしっかりとユーザーに訴求することができます。

またウェブサイトのトップページに遷移をするよりも獲得数や獲得率に大きく差がでてきます。

さらに広告とキーワードの関連性を高めることで掲載順位やクリック単価に大きく影響を与える存在になります。

広告との関係性について

広告とLPは大きな関連性があります。

まず大前提に広告には広告ランクというものが存在します。

広告ランクにはキーワードの品質とLPの関連性が大きく関与しており、関連性を高めていくことで広告の効果を最大限に引き出すことができます。

掲載順位・クリック単価の決まり方

さて先ほど記載しましたが広告ランクの決まり方について書いていきます。

広告ランク=入札金額(上限CPC)×品質スコア

できまります。

品質スコアは「キーワード」、「広告文」、「LP」の3つの要素で決定し、10段階で評価をされています。

例えばキーワードと広告文に関連性がない場合、キーワードとLPに関連性がない場合などは品質スコアが低くなっていきます。

例)マンション購入(キーワード)→新築住宅LP ×

  マンション購入(キーワード)→分譲マンションLP ○

といった感じになります。

まとめ

クリック単価が高騰してきた。

CVRが低いページになっている。

等の悩みがある企業様。ぜひ一度ご相談ください。

広告カテゴリの最新記事